バイオマス燃料の供給

バイオマス燃料の1つであるPKS(パーム椰子種子殻:パーム油の生産過程で発生する残差物)
をマレーシアで乾燥及び異物除去を行い、
主に日本のバイオマス発電事業者、それらを顧客とする商社向けに出荷してまいります。

CLEATH ENERGY INVESTMENT LTD. LOGO
商号 クリアスエナジーインベストメント株式会社
(英文:CLEATH ENERGY Investment Ltd.)
住所 〒104-0052 東京都中央区月島 1-2-13
ワイズビルディング4F
電話番号 03-5534-9614
設立 2017年(平成29年)10月30日
資本金 4000万円
代表者 代表取締役社長 アンセムウォンシュウセン
事業内容 バイオマス燃料供給事業

経営陣紹介

アンセム ウォン シュウセン
代表取締役 社長
アンセム ウォン シュウセン

Anselm Wong Siew Shen

サンフンカイ・フィナンシャル・グループ、天安中国投資株式会社に所属。2015年3月アジア開発キャピタル株式会社に出向。同年7月 、同社執行役員副社長就任後、2016年6月 取締役副社長に就任(現任)。
また、株式会社トレードセブン 取締役(現任)、 Mabuhay Holdings Corporation 取締役(現任)も務める。
中国福州の大洋百貨店における「HonMono」ジャパンフードタウンプロジェクトでは、日本食レストランが少ない現地において750万人の福州の方々に本物の日本食を広くご賞味頂く機会を創出するべく、現在もプロジェクト進行に尽力を注ぐ。

網屋 信介
取締役会長
網屋 信介

Shinsuke Amiya

山一證券、モルガン・スタンレー・インターナショナル等を経て、1994年にメリルリンチ証券(現メリルリンチ日本証券)に入社。金融法人本部長、投資銀行本部長の後、取締役副会長兼投資銀行部門会長に就任。2006年、NISグループ代表取締役社長。 2009年、衆議院議員。衆議院財務金融委員会理事。
野田第3次改造内閣で財務大臣政務官及び政府税制調査会事務局長に就任。
会社再建を期して、2016年、アジア開発キャピタル株式会社代表取締役社長(現任)に就任。また、 政治・経済専門のコメンテーターとしてテレビやラジオ番組等にも出演。著書に、「常識力」「40代の自己啓発」等がある。了徳寺大学客員教授兼講師(現任)。

小杉 裕
取締役
小杉 裕

Yutaka Kosugi

1994年4月住金物産株式会社(現日鉄住金物産株式会社)入社、繊維企画部輸出入統轄課所属、翌年1995年7月中国北京語言学院大学での語学留学を経て、同社上海事務所に駐在。1997年7月同社東京ニット製品部所属、大手婦人服アパレルメーカー向けのニット製品海外ODM生産に関わり、企画、営業ならび貿易全般を担当。
1999年5月株式会社ケイエスリミテッドを創業、取締役就任。以後17年にわたりアパレルメーカー向けニット製品の企画、製造、輸入販売に従事、専門商社を経営。
2017年8月アジア開発キャピタル株式会社入社、事業開発部所属(現任)。
その後、バイオマス燃料事業を担うクリアスエナジーインベストメント株式会社設立に参画、2017年11月同社取締役就任(現任)。中国福建省福州市における「HonMono」ジャパンフードタウン事業を担う中国現地法人、臻萃本物(福建)餐饮管理有限公司設立に参画、同年12月同社監事に就任(現任)。 アジア開発キャピタルグループの展開する海外事業会社の事業推進、管理全般を担当。

小川 泰史
取締役
小川 泰史

Yasufumi Ogawa

1998年3月、CITIBANK N.A.東京支店 入行、個人金融部門経験後、国際金融本部 Financial Control Divisionにて管理会計チームに所属、リスク管理、予実管理等に携わる。
2001年7月、ERNST & YOUNG GLOBAL FINANCIAL SERVICES入社、M&Aデューデリジェンス、バリュエーション、不良債権取引、事業再生等のトランザクションサポートに携わる。
2005年12月、オックス情報株式会社の事業継承・再生事案を請け、取締役に就任、グループの再構築、再生を手掛ける。
2007年9月、株式会社ジーキャスパートナーズ 設立、代表取締役就任、事業再生や海外事業開発等の財務アドバイザリー業務を手掛ける。
2014年8月、株式会社エナリス社のインドネシア法人PT. Eneres International IndonesiaのGeneral Managerに就任。
日本のFIT対応バイオマス発電所向けにパーム椰子柄を販売する為、2015年5月、Cleath Energy Malaysia Sdn. Bhd.と2016年8月、Fuji Biomass Energy Sdn. Bhd (現 Cleath Biomass Energy Sdn.Bhd.) を設立し、2017年10月、アジア開発キャピタル株式会社のグループ企業となり現在に至る。

背戸 克稔
取締役
背戸 克稔

Katsunori Seto

1974年4月、自動車整備士として日産サニー広島販売株式会社に入社、ラリー、ジムカーナ、ダートトライアル等の自動車レースに参戦。
1985年9月、有限会社庄原電装を設立し、自動車用ワイヤーハーネス(住友電装株式会社)、高周波発振子(三菱電機株式会社)、手術用手袋(株式会社ジェイ・エム・エス)などの製造を手掛ける。
2000年4月、ガイアックス中国株式会社をアルコール燃料「GAIAX」の中国地区販売代理店として設立後、アルコール燃料を自社製造する為に株式会社クリーンエナジー及びクリアスエナジー株式会社を設立し台湾の国営企業CPC(現在の台湾石油)でアルコール燃料「CLEATH」を製造し日本国内で販売。
2014年8月、株式会社エナリス社のインドネシア法人PT. Eneres International Indonesiaの代表に就任。
日本のFIT対応バイオマス発電所向けにパーム椰子柄を販売する為、2015年5月、Cleath Energy Malaysia Sdn. Bhd.と2016年8月、Fuji Biomass Energy Sdn. Bhd (現 Cleath Biomass Energy Sdn.Bhd.) を設立し、2017年10月、アジア開発キャピタル株式会社のグループ企業となり現在に至る。

交通・アクセス

クリアスエナジーインベストメント株式会社

〒104-0052
東京都中央区月島 1-2-13ワイズビルディング4F
TEL : 03-5534-9614(代表)