バイオマス燃料供給事業

BIOMASS FUEL SUPPLY BUSINESS

オイルパームは世界で最も有用なエネルギー作物

バイオマス燃料原料の代表格として、パーム椰子が挙げられます。
農業残さに該当すると考えられる、その他の輸入バイオマス原料植物には、
ソルガム、サトウキビ、ジェトロファ、トウモロコシ、大豆、ココナッツ、
ひまわり、菜種、などのいわゆるエネルギー作物が挙げられます。

バイオマス燃料の原料となるエネルギー植物例

主に液体バイオマス燃料用または食用として、プランテーションにて栽培・収穫されるものが主流となっていますが、
これらの収穫時・加工時の残さは、近年、バイオマス固形燃料としても使われるようになりました。

オイルパーム商品化の流れ

長期的スキームと全体像

長期的な視点

クリアスエナジー 長期的スキームと全体像の図

日本のバイオマス発電所向けバイオマス燃料の供給事業は、PKSに留まらず、さらなるバイオマス燃料商品の開発、さらに多くの供給量と安定した品質が求められています。

安定した長期供給を実現するには、PKSの買付けと輸出だけでなく、燃料商品の開発、搾油工場やプランテーションにとってベネフィットの高いソリューションの提案、さらには投資も含む技術やノウハウの移転を必要としており、日本人が現地に移住し事業を展開していくことは、弊社事業の長期的な価値を維持、高めるために重要な要素です。