クリアスエナジーインベストメント株式会社は、2018年11月28日に、本年度3回目となる約10,500トンのPKS(Palm Kernel Shells:パーム椰子殼)を、日本のバイオマス発電業者向けに大手商社を通じて出荷しました。
引き続き、PKSへの需要は旺盛で新たな契約先も含め定期的な出荷が予定されており、来年度は、今年度の出荷量の2倍になるものと予想しております。